世界に誇るUXを提供する、札幌とニューヨークのクリエーティブ・エージェンシー - ブリリアントカラー インターナショナル

ブリリアントカラーインターナショナルは、札幌とニューヨークを拠点にUX/UI設計を行い、テック・アート・音楽など様々なコンテンツを世界発信しています。

Monthly Archives / 11月 2013

- TAG -

Behance Portfolio Review in Sapporo終了しました!

1463679_466273373492675_1438775857_n

雪が降った11月10日、東札幌のICCでBehance Portfolio Review in Sapporoを開催致しました。
https://www.facebook.com/events/469428779838942
寒い中、ご来場頂きました皆様、本当に有りがとうございました!
また、プレゼンテーションをして頂いたクリエイターの方々、皆様お疲れ様でした!

今回は、審査員の方にロンドンのクリエイティブエージェンシーTOMATOの創設者STEVE BAKERさん、マーケティング・コミュニケーション・エルグの山岸正美さん、漫画家のいがらしゆみこさん。上記3人の審査員をお招き致しました!
1395329_457982370988442_1810873284_n
皆様、本当にお疲れ様でした。ここまでジャンルの違う人達を審査するのは大変だったかと思います。ですが、「刺激になった!」というお言葉を頂けて、大変うれしく思います。

各部門で、最終審査に残った方々は

学生部門:札幌マンガ・アニメ学院 佐藤祐依 様
http://www.behance.net/gallery/Illustration-vol1/11994139
賞品:Adobe Creative Cloud 1年分

一般部門:Oh! Bento Labo 様
http://www.behance.net/gallery/Cuteness-appeal-BENTO/11996085
賞品:弊社、Brilliant Color Internationalが、海外進出のサポートを致します。

とても盛り上がった当日の写真を、これから少しづつ公開させていただきます。
当日の様子を撮影した、Ustreamのアーカイブを公開いたしました。(1番目の映像は途中からの再生となります。)

Video streaming by Ustream

Video streaming by Ustream

イベントの性質上、評価には点数制を採用させて頂きましたが、あくまでも「個人の好み」が反映されているものであり、これによってクリエイターの皆様の優劣が決まるわけでは御座いません。最終審査に残らなかったとしても、国外で直ぐにでもデビュー出来る方が沢山いらっしゃいました。
私自身、「appreciateシールが足りない!」と何度思ったことでしょう!
また来年もBehance Portfolio Review in Sapporoを開催する予定ですので、今回は最終審査に残ることが出来なかった方々も、是非またご参加頂ければと思います。
Behance Sapporoでは、これからも地域のクリエイターをサポートし、全世界に羽ばたくための手助けをしていきます!

当日の写真はこちら

Pocket

- TAG -

セミナー「発信力のあるアーティストになろう」を行いました。

burilliantpurezen1-(2)

burilliantpurezen1-(2)

10月11日に、札幌市の大通にある「ドリノキ」というコワーキングカフェにて、「発信力のあるアーティストになろう!」というセミナーを行いました。

来場者の方々、本当にありがとうございました!
今回は、【世界で戦うアーティストって、どうやってなるの?】という意識のもと、ワークショップを行いました。
学生の方から、現役クリエイターの方まで幅広く来ていただいて、本当にありがとうございました。
皆様の糧になれば幸いです。

また、今回はゲストに二組の方をお呼びいたしました。

 

 

 

【イラストレーター集団 IC4DESIGN】

8a0c67092925a1d12ea660e3dc134908
http://www.ic4design.com/

広島県からGoogle、アムトラック、adobe、オグリビー・イタリー(イタリアのエージェンシー)、ニューヨーク・タイムズマガジンと海外の大手クライアントとお仕事をしているイラストレーター集団【IC4DESIGN】さんにもスカイプ参加して頂きました!
IC4DESIGNさんのbehanceページはこちら

漫画家【オオツカ ヒロキ】さん

4f04f422169245a7ccac1494df80e1e4
http://www.japansociety.org/content.cfm/japan_society_employs_first-ever_mangaka-in-residence
NYからは、日本の芸術家、村上隆と並んで国際的に芸術界から認められた漫画家として、NYのジャパン・ソサエティ(日米相互関係のための交流機関)異例のレジデンス・シップを得たアーティスト。

1994年から現在まで、ニューヨークのブルックリンで漫画家・イラストレーターとして活躍中。
2004年まで日本の大手出版社にて漫画を出版をする。
2005年には、グラフィックから伝統的な日本の【墨】を使った美術作品への制作にシフトした。同年に行われたブルックリンでのステイ・ゴールドギャラリーでの個展で作品発表し、ニューヨーカー誌から「ポップ・カルチャーの芸術的レベルを最大限に引き上げた」と絶賛された。

それ以来、米ニューヨーク、東京、バーゼル、スイスなど、国際的な美術館やギャラリー、アートフェアで彼の絵が展示された。また、ロサンゼルスの現代美術館や、ピッツバーグ大学のアートギャラリーのように、主要な学術系の芸術機関にも、彼のアートが展示されている。

オオツカヒロキさんのbehanceページはこちら

 

二組とも、とても素晴らしい方々でした。下記にインタビューのハイライト動画がりますので、皆様是非ご覧くださいませ。
また、今回のセミナー内容を一部まとめました。内容が多すぎるので、本当にさわりだけとなっております。
詳しくは、下のUstreamから御覧ください!

発信するのに大事なものは、志。まず、自分の魂と向き合うこと。

技術を伸ばすのは勿論だが、その前に「自分の魂と向き合うこと」を行って欲しい。
私達が担当したクライアントの人には皆、魂の部分から製品と向き合い、どのようにして製品を世の中に発信していくか。を考える。
まず、皆さんには、自分が何をしているのが楽しくて幸せなのか、自分の魂が何を求めているのかを探す事が大事。
それが、何を通して表現したいのかを探すこと。

人材を探すこと。

札幌に来るにあたって、人材を探すことになったのですが、何時も使っているBehanceというポートフォリオサイトを使ってみたが、札幌の人が全く居なかった。自分で持っていた案件があったので、人材を探すのが結構苦労した。
「才能のある人は、みんな東京に行っちゃうんだよー、優秀な人は海外へ行ってしまう。」
業界の人は口をそろえて言う。もし発信してなにか作りたいんだったら、北海道がベストなので、もしできないと思っている人がいるなら、そんな事はないと言いたい。

自分のプロデュースをして欲しいなら、小さい会社に入ったらどうか?

札幌の人は大手に入りたい、でも入れない。という人は多い。それなら小さい会社に入ったらどうか?小さい会社のほうが、自由に出来る場合も多い。そして、周りに素晴らしいパートナーがいたら、それがベストなのではないでしょうか。
そういう人は、NYにはザラにいる。
デジタルニューヨークマップ(デジタル企業のマップ。インベスターが、どこに投資したいのかなど、色々解るようになっている。)

ここ(ニューヨーク)に、数年後に仕事をしている可能性があるということを考えて欲しい。

どんな人にもチャンスはある。自分で何も出来ないとは思ってはいけない。
NYは広告のメッカなので、とてもデザイナーの給料が高い。中堅ぐらいで、時給1万円ほど。なぜ札幌とNYでは違うのか?それはUstreamの中でヒントを出しています。

どんな人材が欲しいか?それは【ブランドを作れるデザイナー】である。

常に新しい人材が欲しい!企業の顔をしっかりと作れる人が重宝される。ブランド作りで何億も左右されるような世界だから。

優秀な人は、世界中からリクルーターが狙っている

ある女性が学生の時に「エアメイト」というアプリのプロモーションビデオ作った。彼女は発想とデザイン性が素晴らしかった。メールでこれから契約書を書いてもらおうという時に、Googleに引きぬかれてしまった。
優秀な人は、世界中から常にリクルーターが狙っています。

日本のクリエイターは世界最高峰

世界のクリエイターは、日本が最先端だと思ってる。日本に任せておけばデザインはOkだと思ってる。ハイレベルのデザインが生活に根付いているのは、日本だけ。だから素晴らしいデザイナーがいると思ってる。「おもてなし」という言葉が流行っている国。そして「オタク」文化は世界最強である。

世界は、貴方たちの指先にある。

部屋の中で絵を描いててもいいけど、自分から発信すれば、世界に必ず出ていけるし、良いプロダクトはかならず見られる。怖がらずに、世界に出よう!

当日のUstreamはこちらから!

Video streaming by Ustream

NYから、オオツカ ヒロキさんのインタビュー

Video streaming by Ustream

広島から、IC4DESIGNさんのインタビュー

Video streaming by Ustream

Pocket