エグゼクティブ・プロデューサー 土谷 佳代子

kayoko_photo2

20代で映画、テレビ、音楽コンテンツの製作、制作を請け負うエージェンシーを米国にて創設、大手広告代理店、映画会社とのプロジェクトに参画した後、1997年よりハリウッドにてエンターテーメントの会社に入社。その時に出会った若手ベンチャラーと組んでEDU-TECHスタートアップ開発会社の共同創設者となり、後にインテル、GEキャピタル等のベンチャー・キャピタルからUS15億ドル以上の投資を受ける。ベンチャー・スタートアップから企業組織迄の転換期を2度経験し、企業マネージメントのスクリーニングにも尽力する。EDU-TECHのパイオニア、エバンジェリスト達と供に、勢力的に活動を続け現在もEDU-TECH系クライアントのソルーション全体のR&D, UX/UI開発 , アーティストのリクルーティングやマネージメント、製品デザインから開発プロセス・マネージメント、市場導入迄の一連プロセスを統括している。

2008年にニューヨークに拠点を移し、ブリリアントカラー・インターナショナル(ニューヨーク州の株式会社)のエグゼクティブ・プロデューサーとしてオリジナルコンテンツの開発、キャラクター・ライセンシング、知的財産マネージメント業に関わる。又、各分野のプロデューサーやクリエーター、アーティストとの連携を生かして、スタートアップのビジネスプラン作成やブランド展開、ソーシャル・メディア・プロモーションのコンサルタントとして尽力する。

2014年にブリリアント・カラーインターナショナルLLCを札幌にて創設。札幌にいながら海外マーケットに特化した,クリエーティブ・エージェンシーとして各国の開発者やプロデューサー、ビジネス・エグゼクティブとコラボレーションを展開。日本のUX/UIデザイナーを世界の開発チームにプロモートする他、グローバル企業ソルーション会社の役員としてB to B ソルーションの日本市場導入、日本オフィス立ち上げに関わっている。分野に関わらず優秀なクリエーターを世界発信することに尽力するため本格的な活動を開始した。Japanese Contemporary Artists Team (JCAT)in New York の日本支部を設置し、札幌からN.Yと日本間のコラボ・プロジェクトや新しいプラットフォームのアート事業計画に従事している。

事業開発ディレクター 橋詰 隼人

hashizume_photo2

北海道札幌出身。

北海道芸術デザイン専門学校卒業後ニューヨークに留学。
その後日本で寿司職人として修業

2009年より日本の食文化を伝える為、単身オーストラリアに渡る。
立ち上げに関わったレストランが初年度にMorning Heraldレストランガイドブックにてスリースタ―を受賞。
帰国後、海外とのパイプを活かし日本の製品やオタク文化を輸出するEコマース事業を開始する。

2013年から札幌でBrilliant color internationalの立ち上げに参加。

日本の食文化・おもてなし精神・オタクカルチャーを北海道から世界に発信する[HOKKAIDO OUTLOUD]プロジェクトを立ち上げ、事業開発を担当。

現在、外国人向けのゲストハウスを運営し北海道のインバウンドの改革にも力を注いでいる。

UX/UIデザイナー 高崎 良太

takasaki_photo2

2004年 札幌の専門学校を卒業後
デザイン会社数社を経たのちデジタルコンテンツ等の
グラフィックデザインに約6年ほど携わる。

国内の携帯キャリアをはじめ、ゲームメーカー・出版社・テレビ局など、国内最大手のクライアントの案件にもシニア・ディレクターとして対応してきている。
携帯電話に初期搭載されるプリインストールコンテンツの制作や
映画・アニメなどと連動したモバイルコンテンツの制作など実績は多岐にわたる。

また、ソーシャルゲームのUI制作/兼アートディレクションを数多く担当し
ディレクターとしての経験も積む。

2012年からフリーランスとしての活動を本格的に開始。
独学でUIデザインを学びながらクラウドソーシングなどを通じて
アプリやゲームのUIデザインを多数手がける。
国内最大手のクラウドソーシング「Lancers」において
トップクラスのクリエイター認定を得る。

2013年末 UX/UIデザイナーとしてBrilliant Color Internationalの一員に加わり
国内市場向けのUIデザインだけではなく、海外クライアントと海外市場向けの案件もこなしている。

N.Y Partners and Advisors

 

JCAT ディレクター いたみありさ

11150356_10206388065318721_5599767054976252916_n
1998年に日本を離れ、ジャズシンガーとしてニューヨークへ渡る。2008年、モダンアートの発祥地であるブルックリンで、「アートを生活の一部に」というコンセプトのもと、多くのアーティストとの出会いをきっかけに、アートギャラリーの設立を決意。その後、7年間、ニューヨークのブルックリンにて『Ouchi Gallery』を運営し、若いアーティストに表現活動をする場所とチャンスを提供している。2008年には、アフリカ、ナイジェリアの子供たちに、「紙一枚で作れるアート」の折り紙を教えるためのOrigamiプロジェクトを自ら企画し、アフリカに滞在した。2012年にはカナダにて開催、同年にイタリアにて開催、同時にイタリアで100人のアートエキシビジョンを開催している。また2014年に始まったJapanese Contemporary Artists Team (JCAT)in New York のディレクターでもある彼女は、日本人の若いアーティストたちがアーティストとして世界へ踏み出す手助けをしている。自身のアーティスト活動としては、2007年、アトランタのコカ・コーラ博物館の壁画チームに参加。また現在もジャズシンガーとしてブルックリンを拠点に活動中。

BCI との連携で今後の日本とN.Y間の事業展開もよりパワーアップしていく予定。

N.Y Partners and Advisors

Oscar Deric Brown

images

Oscar Brown has funded Brilliant Color International Corporation and Brilliant Color Works LLC in 2009 to produce Media Arts Content and series of entertainment projects. Mr. Brown has formed distribution relationship with Universal Picture and Universal Music,  has worked on development and fund raising  of animated feature films and TV series. Mr. Brown has been a regular speaker in music radio shows in New York and most recently appeared on national TV such as CBS Day Time Show.

Mr. Brown, an Native American descent music composer and producer has dedicated his life and his musical talent to the benefit of the social conscious movement. He toured with Amnesty International with Peter Gabriel and Youssou N’Dour. He was commissioned to compose symphony by the United Nations to commemorate the Life Work of Dr. Ralph J. Bunche, the novel prize recipient. Also the ground opening of the Smithsonian National Museum of The American Indian. Mr. Brown composed for an award wining documentary film “To Protect Mother Earth” directed by Joel Freedman narrated by Robert Redford. He had worked with many progressive film makers and visual art producers such as “Till the end of the world” and “Dream island” “Electric Painting” directed by Wim Wenders. In 1995, Mr. Brown produced a Kobe EarthQuake benefit project that included some of the top names in music such as Herbie Hancock, Keith Jarret, Pat Metheny, and Ryuichi Sakamoto.

David Beal

176e3c8

Mr. Beal is currently working with Greg Cohbert’s for the latest endeavor, “Island of Songs.”. Mr. Beal has been president of Music Labels Publishing and Radio Operations for National Geographic ventures since August 2, 2007. Mr. Beal served as President of National Geographic Entertainment at National Geographic Society since October 2007 to 2012. He also served as President of National Geographic Music & Radio, he was instrumental n the success of the Net Geo Music Cable channel in Europe, the new global radio service, the creation of the Sociery’s music website and National Geographic Cinema Venture’s distribution of the ground breaking “U2 3D” feature film in January 2008. He worked with National Geographic Digital Media on the successful launch of WorldMusic.National Geographic.com in 2006. Mr. Beal served as the president of palm pictures and oversaw the creative divisions including film, DVD, interactive technologies and magazine publishing. At Palm, Mr. Beal worked with chairman, Chris Blackwell to implement a multi-platform strategy, developing global niche brands and releasing some of the leading titles in audio/visual entertainment.

Pocket